婦人

野菜不足の方の救世主

婦人

3種の原材料で比較する

農林水産省の調査によると、食生活の欧米化が進む日本では野菜の消費が年々減少しています。慢性的な野菜不足を避け健康的な生活を送るには、1日350g以上の野菜を摂取することが目標とされていますが、これだけの野菜を食事だけで毎日食べ続けるのは大変な困難を伴うでしょう。そんな現代社会で人気になっているのが、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれている青汁です。しかし、青汁には種類が多く、最初にどれを選んだら良いのか迷うこともあるかもしれません。そこでまず知ってもらいたいのが、市場に多く流通しているケール、明日葉、大麦若葉といった青汁の原材料による特長の違いです。最初に青汁として有名になったケールは、野菜の王様と言われるほどの栄養価の高さが特長です。高酸化力の高いビタミンC、若返りの成分と言われるビタミンE、肌や粘膜を守るβ-カロテンが含まれています。他には血液を作る葉酸や骨を強くするカルシウム、ブルーライトから目を守るルテインが摂取できます。ただ、青臭さが強いので口コミでの評判は賛否両論で、飲みやすさよりも効果を実感したい方に向いているでしょう。明日葉もケール同様に少々飲み辛いところもありますが、栄養価の高さと種類の豊富さはほぼ互角です。さらにカルコンやクマリンという高酸化力の高いポリフェノールが含まれているので、アンチエイジングやデトックス効果まで期待でき、特に女性に口コミでの評価が高いという特長があります。大麦若葉はケールや明日葉よりも栄養価という点では少々劣りますが、苦みが少なく大変飲みやすいという口コミでの評価があります。また、口コミでは強い高酸化力を持つSOD酵素のアンチエイジング効果も評判になっているのが特長です。